「頂点を目指したい」ライダーに/USA-GNCC派遣を!
・・AAは日本のプライドを賭け、PAAは世界の頂点を経験するために、
・・JNCCは毎年GNCCライダー派遣を実施致します!


GNCC派遣のポリシー
頂点を目指したいライダーに世界への道を与えたく、AAクラスとPAAクラスのシリーズチャンピオンを年毎 交互に派遣致します。
また現在はGNCC派遣にスポンサーがついていませんが、今後スポンサードが得られれば派遣枠を拡大します。
・2013年度はAAクラスシリーズチャンピオンが対象になります。


派遣諸条件
・多くのライダーにGNCCを体験してほしいので、日本を代表するAAシリーズチャンピオンを除き、既派遣者は除かれます。
・AAクラス派遣の場合は「リーズ3勝以上」を条件とし、満たなければ PAAシリーズチャンピオンがが派遣されます。
・上記PAAシリーズチャンピオンがPAAチャンピオンへと代替え派遣された場合でも、翌年派遣はPAAシリーズチャンピオンになります。
・PAAシリーズチャンピオンが既派遣者の場合は、資格該当者まで繰り上げ選出されます。
・GNCC派遣を辞退される場合、代替えライダーの派遣は行いません。

特記
・このJNCCによるGNCC派遣が安定して存続出来るようにと、JNCCに関わりが深く USA-YAMAHA AmPro 監督」である Randyホーキンス氏がチームで
 マシンサポートを行ってくれます。 よって派遣ライダーのGNCC参戦マシンは YZ250F などのヤマハ車に限定され、変更する事は出来ません。




2013 GNCC-R9 "Snowshoe" JNCC派遣決定 〜 AA#7 小林雅人・Wise Beta Racingライバル AA#8- 西森裕一との接戦を制しGNCC派遣をゲット!( R4-ジョニエル-G )GNCC派遣先は高級SKIリゾートで有名な “Snowshoe"リゾート(June 29-30)一周30km以上の過酷なコースだが、小池田選手と共に頑張ってほしい!サポートは Randyホーキンス率いる "AmPro" US-YAMAHAAMA殿堂入りの Randyホーキンス氏 自らがサポートしてくれるかも!世界の空気を思いっきり吸って、、、、( 写真は2012派遣の カズト )しっかり楽しんできて下さい!、、、( 写真はGNCCによるウェルカムディナー )
点を目指したいライダーに世界の扉を!LinkIcon
2012 PAAチャンプ 小林雅人 GNCC- R9/"Snowshoe" 派遣決定!(June 29-30)






 GNCC派遣は「AmPro」US-YAMAHAワークスでサポートを! ユウタロウのYZ450-Fは、なんと開幕フロリダで優勝した P.ウェブリーの練習車!(2012-GNCC派遣) ユウタロウのマシンをセットアップする Randyホーキンス!(2012-GNCC派遣) カズト緊張の- XC2 スタート前!(2012-GNCC派遣) GNCCチェックポイントとライブリザルト掲示ブース! GNCCスタッフの動きがプロフェッショナルで、目を奪われる! このタフガイが1人で数百人のヘルメットの泥を落としていた! GNCCによるウェルカムディナー(*現地人に見えるオレンジ-T は小池田選手)






門者向き/JNCCトライ-70分 クラスを新設!
・・興味はあるのだけど「レベルが高そうで少し不安」というXC入門者に向けて最適なレースを提供いたします!
・/FUN-Dクラス」や「FUN-WDクラス」ではちょっと怖いと方にも最適です

・午前の第一レース「キッズ & TRY」にてキッズと混走(*FUNGP・COMPGP の前に行われる70分レース
競技時間:70分
車両規定:車種排気量問わず
年齢規定:高校生以上
出場料:¥8,500 高校生学割:¥7,500
年間スポーツ安全保険:¥1850

クラス & ゼッケンカラー
トライ- Men:White///Black文字
トライ- WomenWhite///Red文字

クロスオーバークラス*追加される性別問わない排気量カテゴリー別賞典です!
TRY- ライト( 2st 排気量125ccまでと 4st 排気量230ccまで
TRY- フル( 2st 排気量126cc以上と 4st 排気量231cc以上

5B2B4717.JPG









11月17-18日/サンクスギビング in GAIA で/ワイルドクロス/初開催

IMG_4091.JPG

  • ワイルドクロスは11月17日(土曜)
  • ワイルドクロスとは全く新しいオフロードスプリントレースで、スーパークロスの台頭以来人口造成的に舵を切って定着した現在のMXコースを評価しながらも、もっと自然のセクションを採り入れたワイルド(野性的)なMXがあっても良いのではと、JNCCが創造し提案するものです。
  • ワイルドクロスの性格を形成するコース条件はMXコースとXCコースをおよそ半分づつ取り入れる事とし、2.0〜2.5km のコース長で競います。 そしてワイルドクロスの競技時間は全てのクラスにおいて一律の30分とし、実際には25分+1周で競います。 ライダー技量により競技時間の差をつけるMXと異なりワイルドクロスがライダー技量を問わず同一競技時間とする理由は、エキスパートにはMXエリアだけではなくウッズやガレでもスピードが求められる30分という短時間スプリントとし(JNCCの3時間と比較して)ビギナーや中級者には10分足らずで直ぐに終了してしまうMXと比較して、30分という長時間の競い合いが楽しめるXC風な側面を見出せる競技とするからです。
  • このワイルドクロスは単なるMXと異なりXCコースの自然なセクションがそのままコースの個性になり、ウッズ・ガレ・沢渡り等を速く走破できる奥深いテクニックが求められます。 一聴するとこのワイルドクロスはエンデューロクロスに似ていると思われる方がいるかと思いますが、人口的に造られるエンデューロクロスコースと基本的に自然のセクションを採用するワイルドクロスとでは歴然とした違いがあり、基本の部分で異なる競技です。 またこのワイルドクロスはXCと比較して、小さいエリアで行えることが観客にとっては競り合いを見続けられるという大きなメリットになり、そのスプリント故のパフォーマンスと併せて大勢の観客を引きつけられるポテンシャルを秘めていると思います。
  • 最後にスピードも重視されるXCにおいてMXの練習が欠かせない事は半ば常識ですが、そうかといって単なるMX練習では多少の違和感を覚える方もいると思います。 そういった方には是非このワイルドクロスをお勧めいたします。現在のところJNCC & WEXとの開催日程調整が困難で、スタートからダイナミックな全国展開が出来るまでには至っておりませんが、先ずはこのワイルドクロスコースの諸条件を理想的に備えたGAIAで磨きをかけ、3年後にはメジャー展開の目処をつけたいと思っています。
  • ハラハラどきどきのワイルドクロス、XCライダーもMXライダーも どうぞご期待下さい!

Wild-CROSS/概要
コース:MXコースとXCコースを併せて使用する 2.0〜2.5km
ヒート:FUN:1ヒート制 COMP:2ヒート制(*サンクス-Wild-X 全て1ヒート制
コース形状:FUN & ウイメンズを基本とし COMPは難易度を上げます
競技時間:全クラス・25分+1周
クラス:AA・CACBCRCFCFAFBFCFDWAWBWD(*サンクス-Wild-X は 異なります
CFC:COMP-FUNチャレンジというクラスで FUNライダーがCOMPコースを走れます
公式練習:ワイルドクロスはバージンコースの走破力を求めることも重視するので公式練習は行いません
車検:FD・WD のみ他クラスは免除
予選:各クラス26台以上出場の場合3周の予選を行います
計測:埋設式ノンストップ全天候対応・超高性能自動計測システム採用
エントリーフィー:FUN:¥7,000 COMP:¥12,000サンクス-Wild-X 無料!
時間差フレックス受付:FUN:7時〜 COMP:10時〜 サンクス-Wild-X FUN:8時〜 COMP:10時〜

tpd.jpg

スマホでリアルタイムに途中経過を 新しい競技だから時代の最先端をスタンダードにします!
(*一台 ¥28,000 のトランスポンダを核にした超高性能集計システム採用!)

ワイルドクロスは新しい競技なので競技概要が予告なく変更される可能性がございます。ご了承下さい。











11月17-18日/サンクスギビング in GAIA で 年間表彰/バンケット開催/します!

_MG_0840.jpg

  • ンケットは11月17日(土曜)16 : 00 〜
  •  昨年初めて開催したJNCC年間表彰式バンケットは大好評でしたが今年は舞台をGAIAに移し、今後年間恒例大会となることが決まっている「JNCCサンクスギビング-XC」の前日に行うことになりました。 このJNCC年間表彰式は単なる表彰式ではなく、その後のバンケットでは大勢でシーズンを振り返って楽しもうというパーティが開催されるので、表彰者やライダーの方だけではなく、どうぞファンの方もお誘い合わせの上ご参加下さい。

・・・・・表彰者AAシングルゼッケン
・・・・AAプライベートAPEX優勝者(GNCC派遣
・・・・AA昇格者
・・・・Aシングルゼッケン
・・・・A昇格者
・・・・全クラス:1〜6位
・・・・クロスオーバー:1〜3位
・・・・COMPANYアワード表彰


年間表彰始時間:16 : 00 〜
バンケット開始時間:19 : 00 〜
服装:自由ですが表彰対象者は極力フォーマルで
バンケット軽飲食代¥1000*表彰者も対象
バンケット定員:50名
特典:このバンケットで初めて発表される JNCC & WEX来期日程を、JNCC & WEX 2013年
ポスターにて進呈いたします






来期2013年より/"SSエキスパートオンリー制"/を適時導入します!

  • 但し、SSエキスパートオンリーとは、迂回路が設けられないセクションが悪天候などの理由により酷い渋滞が予想される場合に「AA と Aライダーだけに限定しそのセクションを使用させる」というものですが、この条件下で行われることはごく希であり安易に行われるものではありません。

12hpt_course.jpg


  • 2012年 R6-ハイポイント菅生において
  •  ハリケーンエンデューロ時代から通算すると10回以上の開催を重ねているSUGOでしたが、今大会のマディによる、スリバチに至る通称「廊下」部分の大渋滞を予想してのCOMPスリバチキャンセルは初めての事でした。しかしJNCCでは来年以降もCOMP出走数が150台オーバーが予想さえるため、何も対策をしなければ今後もこのようなキャンセルが多くなることは必至でしょう。
  •  そこで今後同様のケースになった場合(あくまでも酷いコンデションになった場合です)COMPにおける「檄下り〜廊下〜スリバチ」のスペシャルステージを「AA や AA & Aクラスに限定オープンし、SSの走行台数を制限することで使用可とする」方式を採用することにいたします。
  •  尚、クラスにより1周の走行距離が異なるわけですから総合順位は意味のない無いものになりますが、2種に分けたそれぞれの総合順位は打ち出すことにいたします。 この画期的とも言えるアイデアはSUGOを知り尽くした藤原氏からのもので、正式名称が決まるまでは呼び名を一旦「SSエキスパートオンリー」とし、SUGOだけではなく、来期他JNCCでも採用していきたいと検討しています。
  •  また一方でこの「SSエキスパートオンリー」ではスタック車によるトップレーサーのパフォーマンス低下が生じないことから、その特設セクションと併せて最高の魅せ場となる事が期待されます!









JNCCキッズ-XC 発進!
・・日本オフロード界の将来を託しいよいよ始まります!
・・但し安全を考慮することは当然ですが、キッズだからといって過保護には致しません

大会前日の土曜日に特設コースにて開催
競技時間:70分
RACEスタート:13 : 00
出場料:¥7,500
スポーツ安全保険:¥800

クラス
・・中学生 Mini(2スト85/4スト150cc
小学3-6年 Mini(2スト85/4スト150cc
小学3-6年 65(2スト65cc/4スト110cc

IMG_0150.JPG
(*写真は 2012 GNCC-R8 スノーシュー)








XCの更なる発展を託し/"タックスィーパー制"/いよいよ発進!



2012-R5 スプラッシュ月山 大会よりUSA-GNCCの伝統であり我が国XC界発展に大きく貢献するであろうと期待する「スタックスィーパー制」を試験導入することになりました。
 このスタックスィーパー制とは「規則上、オフィシャルが助けられないスタックしているライダーを観客が助けてレースに復帰させる」というもので、天候で大きく左右されるXC競技の脆弱性を補いコースレイアウトを発展させ、また完走率の低下を防ぎ、ライダーとスィーパーの素晴らしい連帯感を生み出しながらレース文化の発展に大きく寄与するでしょう。

尚、スタックスィーパー制試行にあたり、当初は事前登録制にして申請者の経験などを調査した上で許可証を与えるという方針でいましたが、今年3月と6月のGNCCにてその実態を視察してきた結果、GNCCでは安全やレースポリシーなどの要点をしっかり理解したうえで自由闊達に女性でも参加してるという現実を知り、JNCCでは下記ルールを厳格に遵守していただくことを条件に誰でも自由に参加していただける形で試行をスタートさせるということになりました。

但し一方で観客が自由にコース内に入れるスタックスィーパー制は危険リスクが高く、厳格なルールの下に行わなければなりません。 そしてもし今期のスタックスィーパー制試行中にライダーとスィーパー双方の安全確保が出来ないと判断された場合は来期の正式導入を断念することになりますが、ご了承下さい。

最後にスタックスィーパー制による不公平が生じた場合の見解ですが、これはレースというスポーツにおけるモラルでありJNCCがそのモラルのありようを強いることではないと思います。 モラルはライダーと観客そしてJNCCが創りあげるものでスタックスィーパー制導入により不公平感が問題になるこは無いと判断しています。(*GNCCではXC界で多くの人々の尊敬を集めるライダー「日本で言えば 石井正美のようなライダー」やレースをリードしているライダーは直ぐに救出される傾向がありましたが、それは安易に不公平とは言えないと思いました。)

  • 1)スタックスィーパー制へ参加するにあたり「その行為中の事故で死亡や負傷しても事故原因になったライダーや大会に対して損害賠償をしない。」という誓約を条件に許可させていただきます。(*観客受付時に)
  • 2)レース中のコース内はライダー優先です。よって救出行為を行っているからといって後続のライダーのラインを塞ぐことは妨害行為になり、その際行為の正当性や優先性を主張された場合は退去していただくことになります。どうぞご注意ご理解下さい。
  • 3)スピードが乗るセクションや全開セクションはスタックスィーパーの危険度が非常に高いので、酷い渋滞が予想されてもスタックスィーパー制は禁止とします。(*爺が岳COMPガレクライムは禁止!)
  • 4)1渋滞ラインに3人を越すスィーパーは走行ライダーの邪魔になります。後から参加する方は、定員3名未満になるまで必ずコース外で待機して下さい。
  • 5)スタック箇所はエンジン全開で飛び込んでくるライダーが多く、マシンコントロールが非常に困難な場所となります。 よってスィーパーはいかなる状況であっても救出の対象としている車両のライン後方とその周辺後方をしっかり注意把握し、身の安全のため決して目を離してはなりません。
  • 6)もしもの場合に備えてヘルメット(簡易型でもOK!)と脊椎パッドの使用を強くお勧めいたします。またゴーグルは必需品になります。
  • 7)スィーパー行為中において、滑車などの機具を用いないロープの使用を認めます。
  • 8)中学生以下の参加を禁止いたします。








JNCC ノンストップ集計リアルタイム順位表示の見方と注意点 !


5B2B7278.JPG

*世界を見渡しても最先端を行くノンストップ集計リアルタイム順位表示です!
その見方を把握して是非レースにお役立て下さい。


  • リアルタイム順位表示の見方と注意点!
  • 1)通常集計JNCCゲートに1台、ゲートから20m前後後方に2台の表示器が一緒に用意されます。
  • 2)ゲートの表示器1台はレースが開始されてからの経過時間を表します。
  • 3)ゲート後方に離れて設置される表示器の一方には、ゼッケン(Bib)番号とクラス(Place)順位が表示されます。
  • 4)もう一方には、同クラスの一番先のライダーまでの時間差が表示されます。
  • 5)クラストップのライダーには特別に、後方2位のライダーまでの時間差が表示されますが、システム上1周前の時間差になります。
  • 6)集計ゲートから後方表示器20mの間を走行中、後続の車両が集計ゲートを過ぎると表示は後続ライダーのものに変更されてしまいます。





JNCCヘルメットタッチ スタートの How to !


JD2T0551.JPG

*写真はWEX開幕戦でのヘルメットタッチスタートですが、初心者が多く不適切なライダーが多く見受けられました。
その中では左の#102ライダーが正しく模範となります。


  • ヘルメットタッチ スタートとペナルティ!
  • 1)厳正なスタートを行う為、エンジンをかけた状態でクラッチレバー側の左手をヘルメットサイドにキチンと付けてスタート合図を待つ方式で、オフィシャルからはヘルメットタッチ状態が一目瞭然に見えるので違反者を発見しやすくなります。
  • 2)この際、左手からクラッチレバーまでの距離を短縮しようとヘルメットを近づけてはいけません。
  • 3)アイドリングを高くしておいてクラッチレバーを左手で握り、右手をヘルメットタッチすることは「ヘルメットタッチスタート」の主旨とは全く異なる状態になるので、明らかな違反となります。
  • 4)競技規則によりリザルトが決定されてからの順位変更は行えませんが、その後であってもヘルメットタッチスタートの違反が発覚した場合は、次大会のスタート位置を下げるというようなペナルティを課す場合があります。また確信犯は必ずペナルティの対象になります。





JNCCフォトHOTギャラリー!
専属カメラマン/久貝尚之/によるレースシーン高品位大画像ダウンロードサービスです

フリーダウンロードサービスです 画像サイズ 500 x 333mm / 1417 x 945pix.
ダウンロードサービスは次大会と差し替え終了いたします
ライダー肖像権管理はJNCCが行っており、許可無く商業目的で利用することは固く禁じます。



度と戻れない、生きている瞬間を切り取りお届けします!


  • フォトHOTギャラリーの使い方
  • 1)大画像クリックでスタートします〜 先ずはウィンドウを思いっきり広げてから初めて下さい!
  • 2)縦画像はWeb上では小さく見えますが、横画像と同じ大きさです。
  • 3)PC上で見える写真はソフトウェアにより甘く解像度が低く見えますが、実際のダウンロード画像は高品位高精緻なものです。
  • 4)大画像をクリックすると順次次の画像に替わっていきます。また帯状になっている上部サンプル画像の一つをクリックすると、その大画像が現れます。
  • 5)上部帯状サンプル画像にカーソルを進めると、その侵入位置を基準として左右にカーソルを移動させる事でスクロールが出来ます。
  • 6)スクロールの速さは侵入位置を基準として小幅ならゆっくりと、また大きく移動させると速くスクロールしますので快適にスピーディーに検索が可能です。
  • 7)画像数量の多い場合は、帯状サンプル画像下の黒いスクロールバーを左右にドラッグすることで、素早い検索が可能です。
  • 8)ダウンロードは、大画像の右下にある「Download Image」をクリックすると別画像が現れますので、それをデスクトップにドラッグすることで行えます。
  • 9)通信環境が遅い方は、立ち上げ後 2〜3分間待ってから閲覧するとサクサク観られます。






込不要! AAシングルによる"戦的下見ツアー"全大会にて開催!

  • JNCCが出場ライダーに贈る・日本を代表するAAライダーによる・貴重で非常に実戦的な大人気ツアーです!
  • ツアーガイドの顔ぶれが凄いので緊張される方もいるかもしれませんが、レース前日の彼らは全然堅苦しいことはなく、気軽に素晴らしいコミュニュケーションが築けると思います。
  •  尚、ツアーの主旨はあくまでもはコース攻略のノウハウ習得になりますが、雑誌でしか知らなかったJNCCトップライダーと貴重で楽しい2時間をお過ごし下さい。そして彼らとの会話の中から、是非速さの秘密を見つけて下さい!

Superガイドは今期のJNCCを牽引する//鈴木健二//渡辺マナブ//星野恭平//小林雅人
開始時間は前日土曜11時30分 です(時間厳守をお願いします!)
FUN・COMP共におよそ2時間のツアーです


AA #1- 鈴木健二(*FUN担当 予定AA #2- 渡辺マナブ(*COMP担当 予定AA #3- 星野恭平(*FUN担当 予定

下見ツアー講師:鈴木健二//渡辺マナブ//星野恭平//小林雅人


  • *受付時刻に間に合わない場合でも、道中けっして急がないで下さい。割り切って翌大会に参加しましょう!
  • *帽子・スニーカーやトレッキングシューズ・ドリンク・携帯電話・etc.を用意してご参加下さい。





5B2B6134.JPG

参加者にはJNCCからコースマップが配布されて、、、、




_MG_0076-Edit.jpg

Superガイドは・ワールドクラス現役チャンプ!




c5.jpg

#2・ワールドクラス 渡辺マナブ


5B2B6205.JPG

#3・JNCCウィナーズ 星野恭平!



c4.jpg
#6・矢野カズト









JNCCコーステープ発売!
XC開催30年の経験から生まれた〜 XC普及を目的に算度外視で販売する研究されたコーステープです!

1本から販売¥1,500( 税抜き価格・送料別・5本から送料サービス )
2カラー200m巻きcm国内最安価格帯・長さ単価 ¥7.5/m・面積単価 ¥150/㎡ )
ライダー飛び出し警告プリント! 飛び出し事故防止と保険加入へのレース管理責任遂行をアピール!)
JNCC 全大会にて採用!( 実績ナンバーワン! 数々のドラマを支えてきました!)


(*写真はカッティング前のロールです)


注文は・電話 026-236-6003・FAX 6002・メール・でお願いします。LinkIconinfo@jncc.jp

  • 近のコーステープはイベント性を重視した幅広タイプが目立ちますが、価格が1本あたり¥3,000 を越す製品が多く長い距離をテープ張りするXCには負担が過多でした。 また幅広テープは風の影響を受けやすく、何日も費やしてテープ張りしたテープが一晩の大風で飛んでしまったという笑えない出来事も生じています。

  • 1)そこでJNCCが発売するコーステープは視認性と風の影響という相反する要点を研究し、
  •  幅員6cmというどちらも妥協しない値を打ち出しました。(*MFJコーステープは5cm )
  • 2)XCにおいて最も危険な逆走を未然に防ぐ2カラーを用意しました。(*左側: Blue・右側: Red )
  • 3)柔軟で強い耐久性に富んだマテリアルを使用していますが、左右の手で巾狭く握れば容易にちぎれるので作業性にストレスがありません。
  • 4)テープ張り後の風によるクイの引き抜けを防ぐため、意図的に伸縮マテリアルを採用しています。
  • 5)耐久性に富み経年変化が少ないテープですので、エコテープとして再利用が可能です。
  • 6)バイクマーシャルに喜ばれるコンパクトな 200m巻き仕様です。
  • 7)観客に飛び込み事故を注意させる「ライダー飛び出し注意!」警告のプリントが施されています。
  • 8)XCテープとして開発されましたが、MXコーステープとして使用されても全く問題はありません。
  • 9)1本からご注文が可能で、14:00 までのご注文は当日出荷になります。(*ヤマト代引き発送 )